こんばんは!ゆうかです。

今日はエイプリルフール!みなさんはどんな素敵な嘘をつかれましたか?

エルフルールを東京に移してから会計でお世話になっている先生にこの質問をしたら

「エイプリルフールでなくても、いつも人に騙されておりますので。。。」という

悲しい返事が返ってきた^^;笑

 

これに対してはスルーですが、今日のエルフルールは嘘じゃなくて本当のハナシ。

エルフルールの招待状・メニュー表はリボン掛けを済ませた商品を発送しています

なんと、招待状・メニュー表の両方にセットでついてくるリボンですが!

最初からリボン掛けした状態でお届けしていますよ~!というご案内です。

結婚式招待状のリボンは最初から結んであるから嬉しい!結び方で悩む必要もないし時間も節約できるね

実はこれ、他の業者さんだと ほとんどが「手作りセットだから」という理由でリボンはお客様が掛けるということになっているんですが・・・なにしろ普段の生活で リボンって結ばないじゃないですか!

慣れていないとうまくできないですよね・・・
しかも細いリボンをピンと張った状態でキュッと結ぶのって、意外とコツがいる作業なんですよ。

エルフルールのwebサイト担当スタッフのいくえさんに初めてのリボン掛け体験をしてもらった感想です。

やってみたら、信じられないほど上手くできなかったので少し落ち込みました(笑)
1本目からいきなり大苦戦。他のスタッフさんが仕上げたサンプルはカバーにピッタリの長さに結び目が来ていて、リボンがピンっと張っているのに、私が結んだものはゆるゆるになっちゃったり、きつすぎて外カバーが丸まっちゃったり。何度もやり直して満足いく結び方になるまで5分ほどかかっていました。ゆうかさんはじめ他のスタッフさんはリボン掛けの達人だと思いました。

慣れているスタッフだと5分あれば10~20部はリボン結びが終わってしまうくらいかな?手先が器用な方はすぐにコツをつかんで結べるようになると思います。

50部までなら時間をかければなんとか仕上がると思いますが、80部や100部を超える大量枚数になってくるとかなり時間もかかってしまう上に、失敗したらリボンは別売りで購入しないといけないし、リスクが高い!

いくら「手作りキット」といっても、そういう「手作り」という意味ではないはずです。

以前はお客様にリボン掛けをしていただいていました…

エルフルールでも以前はリボンは掛けずにお送りしていたんですが、色々考えたすえ、このたび、リボン掛けした状態で発送することに決めました★

結婚式招待状のリボンは最初から結んであるから嬉しい!結び方で悩む必要もないし時間も節約

招待状とメニュー表は、エルフルールのスタッフが綺麗にリボン掛けを済ませた状態でお届けしますので印刷した中紙を差し込むだけになります。

エルフルールのスタッフは招待状リボン掛けの達人(笑)なので、すごーく手際よく、なおかつ綺麗にリボンを掛けることができます。

招待状手作りキットの組み立て4時間→30分に大幅時短!

今までは、外のカード部分にリボン掛けをし、印刷を済ませた中紙を差し込むという作業が必要でした。招待状セット50部なら目安としては4時間ほどかかっていました。中紙は外のカードを開いて、リボンの間に差し込むだけなのですぐ終わります。この組み立て時間の半分以上はリボン掛けにかかっているということなんですねー。

これからは、外のカード部分にはリボン掛けが済ませてあるので、お客様が組み立てる時の作業は「印刷した中紙を差し込む」だけです。招待状セット50部だったら、30分~1時間くらいで終わります(笑)めちゃめちゃ早くなります!

組み立ての作業時間が、従来の約80%も短縮されるんです!!

 

時間を節約することも新婦さまの賢さのひとつ♪

エルフルールのこんな良さもぜひ利用してくださいね。

 

無料サンプルでお送りしている招待状やメニュー表も、もちろんリボン掛けが済ませてあります。まずは実物を手に取ってね!

 

コメントを残す